RDP接続

macOSからAzure(VM)へのRDP接続方法

久々の投稿です。。。
macOSからAzure上のVMにRDP接続できないとの事象が発生しました。
調べてみるとどうやら、Windows Server 2012 R2(Windows 8.1ベース)から「Microsoft Remote Desktop Client For mac 2.1.1」では接続できない模様
 

うーん。。。そもそも自宅で使っているMacにもRemoteDesktopのapplicationをインストールしているが、
これじゃなかったよなぁと思いつつ、、Appstoreから「Microsoft Remote Desktop」で接続しなくちゃいけないみたい。

以上!

(530) 632-0728

今回はETLツールについてのお話し

そもそもETLとは何かについてはWikiを見て下さい。

簡単にいうと、社内ネットワークにあるデータを、クラウド上にあるDBへ格納する一連のプログラムを指します。

まぁ、細かいことを言うと、社内のネットワークになくても、クラウド上DBでなくても良くて何処かに存在するデータを抽出(Extract)し、データを変換(Transform)してから、別の場所に取込む(Load)ことを意味します。

上の図では、SSISを使っていますが、手段は何でも良くBatプログラム、Powershellでも問題ないです。
またデータの取得先も、フラットファイルやDBからの抽出データでも何でも良いと思います。

最近企業は、データの重要性は分かってきているし、自分達でデータを貯めるようにもなってきている。
但し、どうやってデータを活用すれば良いのかが分からないと言う声を良く聞く。

僕たちも、山のように(もしかしたら、恒河沙くらい)散財しているデータをまずは、整理するところから始めて、どれとどれが紐付くのか、紐づけられるのかからスタートする。

もしかしたら、勝負はここまでで決まってしまうのかもしれないとさえ感じることも多々ある。

話は少しそれるが、以前Webアプリケーション開発に携わっていた時、WebシステムがSQLを発行するプログラムを作成していたが、検索のスピードや、レスポンスの速さが求められていたため、LEFT OUTER JOINなどは、極力書かなくて済むSQLを書いていたが、分析用DataMart構築のストアドなどを書くときは、Transactionに対してLEFT JOINすることがよくある。

今もPrivateDMP環境構築のお仕事をしているが、良いプログラムが書けたら、ざっくりした設計くらいはアップしようと思います。

まずは諸々環境から

諸々環境周りの設定をしたので、memoを残しておきます。

1.Pluginのインストール

初っ端から躓いたわけですが、FTPサーバが云々カンヌン。。
もともとAWSのEC2でサーバを立てていて、FTPサーバを別で立てるつもりもなかったので、同じサーバに作成してみた。…が、そもそもFTPはあんまり立てたくなかったので、AWSのSecurityGruupで許可したIPだけ通すようにしてます。

では、実際の設定は以下

■[vsftpdのインストール]

■vsftpd.conf(設定ファイル編集)

※vi, vimが苦手で、、emacsが好きなので、、、
設定ファイルに下記追記
pasv_enable=YES
pasv_address=ElasticIPs
pasv_min_port=60000
pasv_max_port=60010
force_dot_files=YES
use_localtime=YES

■FTPユーザの作成

■service再起動

■plugins_dirの所有者変更
wp-config.phpにdefine('FS_METHOD','direct');を追記
追記場所は

よりも上に記載

2.サイトをドメイン直下に移動

こちらは良くあるパターンなので、こちらのサイトを貼っておきます。

ドメイン直下に配置するには

とりあえず、これで一旦終了。

少しずつカスタマイズもしていこう

engineering

初めての投稿となります。

一応エンジニアとしてのキャリアを積んだおっさんです。。

■スキルセット
・Java(4,5,6,7系)
-SpringWebFlow(2.x)
-SpringMVC
-ibatis,mybatis
・HTML,CSS
・PHP(cake)
・Perl
・Python
・DB(MySQL,SQLServer,Postgres,Oracle)
・AWS,MicrosoftAZURE
・Powershell
・Android
・Swift
etc
ざっくり一通りのことをやってきたのですが、いかんせん浅く広くで未だにjavadocを見るときも多々。。
基本モノづくりが好きなengineerです。

これからどんどん仕事で使える情報、使えない情報もアップしていく予定ですので長い目でお付き合いいただけたらと思います。><。